【ゲーム×VR、eスポーツ】『ゲームの未来を考える!<AI、VR 、AR、e-Sports>~先駆者たちが最先端技術と最新トレンドを語る~ Presented by GMOアプリクラウド』

日時: 11/22(Wed) 18:30〜11/22(Wed) 22:00
定員: 150名
開催場所: 東京都渋谷区桜丘町26-1
開催会場: GMOYours


■ 開催概要

現在、国内のゲーム人口は4,000万人を超えたと言われています。
国内ゲーム市場は今もなお成長を続けており、2016年は過去最高の1兆3801億円を記録しました。
AI、AR/VR、e-sportsといった新たなキーワード、ムーブメントも生まれ、ゲーム業界は新たな局面を迎えています。

本セミナーでは、
・いまのゲーム市場で何が起きているのか?
・これからのゲームエンターテイメントはどう変わっていくのか?
・未来に向けてどのような取り組みが重要になるか

AI、VR、AR、e-Sports 各分野の最前線に活躍されている方々をお招きし、
2夜連続で「ゲームの未来について」それぞれの視点から語っていただきます。

・11/21(火) 第一夜 AI、AR
・11/22(水) 第二夜 VR、e-Sports

★ 11/22(水) 第二夜 VR、e-Sports ★

【VR部門】

 「VRでビジネス化が進み始めている最前線」

  ・株式会社よむネコ 代表取締役  新 清士 氏

 今年、VRは当初予想されていなかった多様なユーザーを巻き込み着実に
 市場を広げつつある。例えば、世界中でロケーションVRが盛り上がり
 始めている。興味深いのは、そうしたユーザーはハードを購入して遊ぶ
 ユーザーと特性が違っていることだ。

 今、VR市場で何が起きているのか?最前線から、報告する。

【e-Sports部門】
 
 「eスポーツとカジノ合法化:日本ゲーム産業の『賞金』問題を考える」

  ・国際カジノ研究所 所長  木曽 崇 氏

 昨年9月に消費者庁から開示された景品表示法の賞金制ゲーム大会に対する法令適用解釈。
 「eスポーツ・ショック」とも呼ばれた「あの事件」の当事者が、景表法、風営法、
 刑法賭博罪など賞金制大会にまつわる様々な制度と、日本のカジノ合法化の先にある
 「eスポーツとカジノ」の関係性について解説します。

【懇親会】

  お食事とお飲み物(アルコールもあり)をご用意して懇親会も
  開催いたします。ぜひ皆様の交流の場としてご活用ください。

■ タイムテーブル

※当日は、講演スケジュールを予告なく変更する場合もございます。
 予めご了承くださいますようお願い致します。

■ 参加対象

ゲーム運営、開発に関わっている方々を対象としています。
※営業や採用目的の方は参加できません。受付時に確認させていただきます。

■ 会場

GMO Yours
住所: 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

本イベントは、GMOインターネットグループが運営するコミュニケーションスペース
「GMO Yours」にて開催いたします。GMO Yoursは、世界一のサービスを提供するために
世界一の人財があつまる場として作られ、24時間無料で利用できると評判のスペースです。

■ スポンサー

■ 登壇者について

新 清士 氏

株式会社よむネコ 代表取締役
株式会社Tokyo VR Startup 取締役

梅田ジョイポリスで稼働中のVR脱出ゲーム「エニグマスフィア」の開発会社のよむネコ代表。
3月にgumiグループに参加。現在は、新作のVR MO-RPGを開発中。
他に、デジタルハリウッド大学大学院准教授。
著書に『VRビジネスの衝撃「仮想世界」が巨大マネーを生む』(NHK出版新書)。

木曽 崇 氏

㈱国際カジノ研究所 所長
㈱エンタテインメントビジネス総合研究所 客員研究員

学歴/経歴:
University of Nevada,Las Vegasホテル経営学部を首席卒業(カジノ経営学専攻)。
米国ラスベガスFour Queens Hotel & Casinosでの経営研修生(カジノ事業部長および財務部長付き)を経て、カジノ事業者大手Caesars Entertainmentグループに入社。同社系列Flamingo Las Vegas Hotel & Casinoの会計監査部にて内部監査業務を勤めた後、帰国。

2004年、㈱エンタテインメントビジネス総合研究所に入社。主任研究員としてカジノの
専門調査チームを立ち上げ、国内外の各種カジノ関連プロジェクトに携わる。2005年より
早稲田大学アミューズメント総合研究所カジノ産業研究会研究員として一部出向、
同研究所で国内カジノ市場の予測プログラム「W-Kシミュレータ」を共同開発。

2011年より国際カジノ研究所を開設、所長に就任。2014年よりアジア圏最大のカジノ国際会議&
展示会であるGlobal Gaming Expo Asiaのアドバイザリーボード委員。
コンサルタントとしては、オペレータ、メーカーから金融機関まで、外資・内資を問わず
多数のカジノ関連クライアントを抱える。各種連絡はtakashikiso@gmail.comまで。

■ 受付について

  • 受付開始は18:30からとなります。

 会場の席は先着順になります。当日は混雑が予想されますため、お早めにご来場ください。
 ※混雑状況により、立ち見となる場合もございます。

  • 受付場所は時間帯により異なります。

 (18:30 – 19:30)セルリアンタワーロビー階
 (19:30 – 20:00)セルリアンタワーB1F

 ※お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。
 ※受付は20:00までとさせていただきます。20:00以降の参加はできませんので、ご了承ください。
 ※参加が難しくなった場合は、お早めにキャンセルいただけますようよろしくお願い致します。

  • 参加費無料です。 
    懇親会からのご参加はご遠慮いただいております。

■その他

※受付で名刺を頂戴しますので、名刺を2枚お持ちください。
 お持ちでない場合は、別紙に必要事項を記載いただきますので、受付に少々時間がかかることがあります。
 (氏名、連絡先などの記載がない場合はご入場いただけません)


詳細を確認する

WebRTC Meetup Tokyo #17

日時: 11/20(Mon) 19:00〜11/20(Mon) 22:00
定員: 1名
開催場所: 東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F
開催会場: TECHPLAY SHIBUYA


重要

今回のイベントの参加申込みは TECLPLAYのイベントページ からお願いします。

WebRTC Meetupについて

  • WebRTC MeetupはWebRTCに興味がある全ての人向けの勉強会
    • 2014年4月東京で第1回勉強会を開催
    • 2017年8月大阪で初開催
  • 触ってみた的なネタから、ビジネスでの活用事例までコミュニティ・法人・営利・非営利問わず扱う(WebRTC技術の普及、活用サービスの普及につながるものであれば原則なんでもOKです)
    • 注意事項
      • 会の趣旨にそぐわない内容については講演をお断りする可能性もあります
  • 全体的な技術レベルは高め(初心者の方は是非 WebRTC Beginners Tokyoのイベント にもご参加下さい!)
  • 発表者が不在の場合は開催を取りやめることがある
  • 10/27に WebRTC Meetup Osaka #2 を開催予定です

WebRTC Meetup Tokyo #17 Special Edition について

今回は、WebRTCの領域で活躍するスピーカーを海外から多数招いての、特別版として開催します!

普段なかなか聞けない話を直接聞いて、質問することができます。(※同時通訳はありません。ご了承ください)

  • 異ブラウザ、異デバイス間の相互通信のテスト環境について
  • WebRTC向けサーバーサイドソリューションJanusについて
  • WebRTCやリアルタイム通信のためのWebメディア AllThingsRTC.org について
  • ゲームとWebRTCの話

今回の会場、申込みサイトについて

  • 今回の会場は通常と異なり、TECHPLAY SHIBUYAでの開催となります。お間違えないようご注意ください
  • 参加登録もTECLPLAYのイベントページをご利用ください
  • アルコールを含む飲食の持ち込みは可能です。会場を汚さないようご注意ください
  • ゴミはお持ち帰りいただくようお願いします

※ 通常の開催はこちらのWebRTC Meetupのページ(atnd)でイベントの案内と参加募集を行なっています。初めてのかたは、次回以降のご案内のためぜひWebRTC Meetupのグループにもご参加ください。

LT発表の募集について

  • LTを募集しています(5~10分 × 2名)
    • 日本語でOKです。(もちろん英語も歓迎します)
  • イベント申し込み時に、LT枠でお申し込みください

タイムスケジュール

時間 内容 登壇者
19:00〜 受付開始
19:30〜19:35 オープニング
19:35〜20:00 KITE: a new WebRTC Interoperability Testing Engine Dr Alex Gouaillard
20:00〜20:25 Janus: the server-side WebRTC jack-of-all-trades Lorenzo miniero
21:25〜21:35 LT1 募集中
20:35〜20:45 休憩
20:45〜21:10 AllThingsRTC.org – a new voice for the real-time communications industry Dan Burnett
21:10〜21:35 Applications of WebRTC In Gaming Jordan Baucke
21:35〜21:45 LT2 募集中
21:45〜21:50 クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

Dr Alex Gouaillard

Dr Alex Gouaillard

CEO and Founder of CoSMo Software

Dr Alex Gouaillard is CEO and Founder of CoSMo Software, a WebRTC consulting and tooling company. Winner of 3 WebRTC Conference and Expo Industrial Awards (2013~2014), as well as 1 WebRTC Pioneer Award (2014), Co-Leader of the WebRTC-in-Webkit Project with Ericsson R&D (2015), he is regarded as one of the pioneers of Web Real-Time Communication (WebRTC).
Invited Expert of the W3C WebRTC Working Group, he is in charge of the WebRTC test suite, and browsers interoperability. Active member of IETF, he participates to the definition of all WebRTC specifications, and some more, like PERC. He is also co-chair of the IMTC WebRTC Interoperability Group.
Dr. Alex holds two PhDs from INSA, France, and KEIO University, Japan. He has deep experience in communications, signal and image processing. In the past, he has established and led successful research groups at Caltech University, Harvard University, and the Singaporean Agency for Science, Technology and Research. Dr. Alex was also involved in several innovative startups in Europe, North America, and APAC. He speaks to some level French, German, English, Japanese, Chinese, Thai and Filipino, all with a French accent.


Lorenzo miniero

Lorenzo miniero

Chairman and co-founder of Meetecho

Lorenzo Miniero is the chairman and co-founder of Meetecho, a company providing consulting services on everything related to real-time multimedia, while also regularly providing streaming and remote participation services for well known events around the world (e.g., IETF and ACM). Lorenzo received his degree and Ph.D. at the Computer Science Department of the University of Napoli Federico II, where he started working on multimedia conferencing and met the colleagues with whom he co-founded Meetecho as an academic spin-off. He is an active contributor to the Internet Engineering Task Force (IETF) standardization activities, especially in the framework of real-time multimedia applications. He is most known as the author of the Janus WebRTC Server, an open source WebRTC server-side implementation.


Dan Burnett

Dan Burnett

AllThingsRTC.org
“`
Dr. Burnett has almost 20 years of experience in Web and Internet standards. As Principal for StandardsPlay, his consulting firm, Dan helps companies play the standards game, both advising clients in how they can strengthen their brand and market positions through standards leadership and representing them directly in organizations such as W3C and the IETF when appropriate.

Dan's introduction to standards came while a researcher in automatic speech recognition technology at Nuance, well-known worldwide for its voice recognition technology. Beginning when the World Wide Web Consortium, the organization responsible for HTML, was only 5 years old, Dan co-created VoiceXML, the still-reigning standard for Interactive Voice Response systems, receiving two Speech Luminary awards from SpeechTech magazine for his contributions to the industry. Through roles at Vocalocity, Voxeo, Tropo, and Aspect, Dan continued to lead in the development of VoiceXML and its related SRGS, SSML, SISR, and other standards.

While at Voxeo, Tropo, and Aspect, Dan's standards focus gradually added and then transitioned to the development of WebRTC, the JavaScript APIs in major web browsers that provide plugin-free audio, video, and real-time peer-to-peer communications. Dan is the initial and longest-running editor of the W3C's WebRTC and Media Capture and Streams standards specifications. A frequent speaker at conferences, Dan is also co-author of the most popular book on WebRTC.

Dan's newest project is the nascent work on Verifiable Claims at W3C, a broadly-backed effort to standardize self-sovereign, cryptographically-verifiable claims/credentials/attestations that can fully replace the need for centralized digital identifiers online. A past Board member of the VoiceXML Forum, Dan is currently serving as a Director of the IEEE-ISTO. Dan has also recently started AllThingsRTC.org, a site dedicated to the real-time communications industry.
“`


Jordan Baucke

Jordan Baucke

Co-founder and CTO of Evasyst Inc.

Jordan Baucke is co-founder and CTO of Evasyst Inc. (Irvine, CA.), a start-up focused on producing software tools for competitive eSports players. Evasyst's tools allow gamers to compete more effectively by augmenting their gaming experience through multi-view screen sharing.
Evasyst partners with collegian and professional eSports clubs and programs to help gamers, coaches and analysts game more effectively. Today Evasyst has raised over $2 million in venture capital funding and has over 100 collegiate eSports partners.
Evasyst's software engineering team is distributed globally with contractors and employees in Finland, Italy, Singapore, Hong Kong, Greece, Germany, Spain, and the Netherlands. Evasyst has made a significant investment in understanding and leveraging C++ software (Qt framework) for multiple-gaming platforms (Desktop, Console and Mobile). Evasyst is also investing heavily in leveraging WebRTC technology to integrate new streaming experiences for it’s customers.
Jordan holds a BS in Computer Science and Computer Engineering from the University of Colorado, Boulder. Jordan has worked at 6+ start-up companies in the Denver/Boulder, Colorado region, San Francisco/Bay Area (Silicon Valley), and Southern California, as well as Hong Kong, PRC., and Mumbai, India.
These start-ups focused on a variety of products and services such as Enterprise CRM (Salesforce), sports / entertainment social media presence, cryptocurrency/blockchain, venture capital, as well as NGO/NP organizations.
An interest in high-frequency trading and GPU accelerator technology lead to an interest in video applications as well as cryptocurrency/blockchain technology. Jordan hopes to continue his career connecting engineers and technologists around the globe through open-source software.


参加対象

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的のみでのイベント参加はお断りしております。
※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただけないことがあります。あらかじめご了承ください。
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

参加費

無料

過去の勉強会

勉強会動画はこちら → Youtube – WebRTC MeetUp

参考:日本のWebRTCコミュニティ


詳細を確認する

「Kawaii(カワイイ)」がつなぐ 価値を生み出す ダイバーシティ&インクルージョン

日時: 11/14(Tue) 18:00〜11/14(Tue) 20:30
定員: 100名
開催場所: 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
開催会場: 日本オラクル株式会社 青山オフィス カフェ


「Kawaii」がつなぐダイバーシティ&インクルージョン

~障がい者向けフリーペーパー編集長が考える価値を生むダイバーシティマネジメント~

近年、ダイバーシティ&インクルージョンな組織づくりを経営の重要課題として掲げる企業が増えています。一方で、これらを現場に落とし込むとそこには多くの課題が山積しています。

今回は、自身も障害当事者でありながら「Co-Co Life☆女子部」という障がいや難病女子向けメディアを発信し、ハンデを強みに変えるビジネスモデルを作り出そうと奮闘している女性編集長が登壇します。

障害を持つ女性たちと企業がコラボして商品開発をしてみると、かわいくて、そして誰もが使いやすい商品ができあがる。障害当事者の読者モデルが出演し、当事者ライターが書き上げる季刊誌を発行し、共感を呼ぶコミュニケーションを取ることで新しい仲間を巻き込み、インクルーシブなコミュニティを作り出す。

Co-Co Life☆女子部は、当事者が主体的に活動することで、今までだったら「ハンデ」と考えられていたことを、「価値」や「強み」に変えていくビジネスモデルを展開しています。

そんな彼女の考える本当の「ダイバーシティ&インクルージョン」とは。

コンサルティングや自社のマネージメントを通じて学んだ現場で直面する課題、そしてそれをビジネスに変えていくビジョンを語っていただきます。

Speaker/Corporate Profile

元山文菜(Ayana Motoyama)

(NPO施無畏 理事/ Co-CoLife女子部 編集長 / Re-engineering 代表)

1980年生まれ。美容師として働くなか23歳で骨盤に疾患がみつかり24歳で入院手術を経験、その後、障がい者として3年間の闘病期間を利用して4年生大学に編入。卒業後に(株)サクラクレパス入社、その後2008年に富士通(株)に転職。主に営業管理業務の業務プロセス改善や業務のアウトソーシングを歴任。2017年に退職、Re-engineeringを開業。BPR(Business Process Reengineering)コンサルタントとして、企業向けにシステムやRPA導入支援、BPO(Business Process Outsourcing)の実施に従事。

一方、自身の障がい者としての生きづらさから、同じような当事者の女性を元気づけたいという思いでNPO団体施無畏に参画、理事を務める。本団体のフラッグシップである、難病や障がい女子に向けたフリーペーパー「Co-CoLife☆女子部」編集長を兼任。
スタッフ51名のうち6割弱が何らかの障がいを抱えており、9割が別に本業を持つ兼業スタッフで形成されている。違いを力に変え、それぞれのメンバーのパーソナリティや能力をチームに活かし、生産的な働き方を実現するため、真のダイバーシティ&インクルージョンの実践に日々取り組んでいる。

なお、プライベートでは5歳の娘をもつワーキングマザーでもある。

リンク:

タイムテーブル

Hour Agenda
18:00 – 18:30 開場/受付
18:30 – 19:05 CoCo-Life女子部 元山編集長 プレゼンテーション
19:05 – 19:45 CoCo-Life女子部 当事者パネル・ディスカッション
19:45 – 20:15 参加者グループ・ディスカッション
20:15 – 20:30 Networking Time

場所

日本オラクル株式会社 青山オフィス 22階 オラクルカフェ
住所: 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

参加費

無料
簡単な焼き菓子とコーヒーをご用意してお待ちしております。

主催/協力

  • 主催:日本オラクル株式会社
  • 協力:Startup Hub Tokyo / Girls in Tech Japan / 日本オラクル元気プロジェクト

テーマ

  • 女性起業家
  • スタートアップ
  • ソーシャル・ベンチャー
  • 働き方改革
  • ダイバーシティマネジメント
  • ダイバーシティ&インクルージョン
  • ワーキングマザー
  • 障がい者雇用
  • プロダクトデザイン
  • 商品開発

Startup Hub Tokyoとは

東京都が運営する、丸の内にある創業支援施設です。メンバー登録を行うと、コワーキングスペースや起業相談窓口などを無料で利用することができます。なお、メンバー登録は無料で行なえます。
Startup Hub Tokyo公式サイト


詳細を確認する

Pitch Tokyo #3 (2017-18) イスラエル「AI」スタートアップ特集

日時: 10/27(Fri) 19:00〜10/27(Fri) 21:30
定員: 1名
開催場所: 東京都 港区赤坂 5-3-1 赤坂Bizタワー
開催会場: HondaイノベーションラボTokyo


Pitch Tokyo #3 (2017-18) イスラエル「AI」スタートアップ特集

Pitch Tokyo

◆イベント概要

人口僅か850万人、資源や地政学の面で決して恵まれているとは言えない環境下にありながら、技術力と起業家精神、多様性などを武器にイノベーションを世に送り続けてきた「スタートアップ大国」イスラエルは、国民一人あたりのスタートアップ投資額やR&D投資額、NASDAQ上場企業数で世界トップを誇り、世界中の企業や投資家の注目を集めており、今年はじめにはインテルによる無人走行車向け技術を開発するモービルアイ社の約1.8兆円での買収が大きな話題になりました。現地を本拠地に活動するAniwoが主催する通年イベント「Pitch Tokyo」では最新情報の提供と起業家のピッチ(現地撮影動画)を通して両国間のビジネス連携を目指します。Pitch Tokyo #3 (2017-18) 10月回では、AI技術による、効率化や最適化ではなく、特に、人々の心をより豊かにする、元気にするような “Happy” に繋がるイスラエルのAIスタートアップ事情について紹介します。モビリティ・ロボティクスの領域で活用可能な技術を中心に紹介し、パネルディスカッションでは、日本 – イスラエル / スタートアップとの連携に向けた考察と共に、人々の心をより豊かにするAIについて語れる会に出来ればと存じます。

◆イベントタイムライン

18:30 開場
19:00 ご挨拶およびイスラエルにおける活動紹介 (TBD/ 株式会社本田技術研究所) 本イベント パートナー企業 株式会社本田技術研究所様より本イベントのテーマであるAI領域でのご活動、イスラエル及びグローバルでの活動内容についてご紹介いただきます
19:10 「イスラエルにおけるAIスタートアップ最新トレンド」(寺田 彼日/Aniwo CEO
動画放映「AIスタートアップ from イスラエル」(3社紹介予定)
現地にて撮影した、注目AIスタートアップ起業家による事業紹介のプレゼンテーションを放映いたします。(日本語字幕付き)日本企業との連携や日本進出に興味のある企業を現地にて選出するので連携にお役立てください
19:45 パネルディスカッション「AIスタートアップが次々産まれる環境とは?
イスラエルでの事業開発経験やイスラエルスタートアップでの勤務経験、有識者を交えてのパネルディスカッションを通して具体的な連携に向けた考察を行います
パネリスト:
・本田技術研究所 (TBD)
・Ron Levy 氏、MyRoll CEO
・寺田 彼日、Aniwo CEO
・植野 力、Aniwo COO (モデレーター)
・TBD
20:30 ネットワーキング
軽食とドリンクをご準備いたしますので、登壇者との名刺交換および参加者同士の横のつながりにお役立てください
21:30 終了

◆こんな方におすすめ

・現地企業との協業を考える事業会社新規事業/R&D/CVC担当者様
・スタートアップとのオープンイノベーション推進にご関心のある担当者様
・未来のAIにご興味がある方

◆お持ち帰りいただけるもの

・紹介スタートアップ資料とイスラエルAIスタートアップカオスマップ
・紹介企業コンタクト先 (希望者のみ)

◆登壇者紹介 

TBD (株式会社本田技術研究所)




Ron Levy (MyRoll / CEO & Co-Founder)
連続起業家、エンジェル投資家としても活動。
ディープラーニングと行動分析アルゴリズムでスマートフォンの画像・動画の分類・管理・シェアのUXを最適化するギャラリーキュレーションアプリ開発のMyRollを創業。
2015年にMyRollをオランダのサイバーセキュリティ企業AVG Technologiesに売却。
イスラエルのトップ人材が所属するインテリジェンス部隊8200部隊出身者のスタートアップを支援する8200EISPやMicrosoft Acceleratorでメンターも務める。

Ron Levy is a serial entrepreneur, angel investor, mentor and lecturer with 20 years of experience in both startups and multinationals. Ron served in the elite IDF 8200 technology unit and has held senior VP and CEO roles in various companies. In 2012 he founded MyRoll which grew to tens of Millions of users and was acquired by AVG Technologies in 2015. Ron is a Product Management lecturer at The Interdisciplinary Center (IDC) in Herzliya, a mentor with the Microsoft Accelerator and the 8200 EISP program.


寺田 彼日 (Aniwo / Founder & CEO)
イスラエルに渡り共同創業者と共にAniwoを設立。
イノベーションプラットフォームの創出に挑む。


chikaraueno

植野 力 (Aniwo/ Co-Founder & COO)
2014年にイスラエルに渡り、Aniwoを共同創業、自社メディア開発や採用、スタートアップへのアプローチなどを担当後、日本支社立上げの為帰国。
イスラエルのスタートアップ情報を発信で行う通年イベント「Pitch Tokyo」や、幅広い領域における(サイバーセキュリティ/エンタメ/素材/エレクトロニクス/トランスポーテ―ション/ブレインetc)日系大手企業とのリサーチやプロジェクトなどを担当。日経BigDataやTHE BRIDGE、アスキースタートアップなどにて執筆多数。

◆パートナー企業様

◆主催者情報


イスラエルで初の日本人創業スタートアップとして2014年に設立。イスラエル企業6,000社以上を収録するスタートアップデータベースMillion Timesの開発運用、現地ネットワークを活用した幅広い領域 (セキュリティ、自動車、素材、フィンテック、ヘルスケア、ブレイン、教育、エレクトロニクス、エンタメetc) でのリサーチ、コンサルティングプロジェクトを行う。
Corporate: http://aniwo.co.il/ 
Million Times: https://www.million-times.com/  

◆Pitch Tokyoについて

2016年3月にAniwo主催で始まった、両国ビジネスの連携促進を目指すイスラエルのスタートアップ情報の発信イベント。過去にサイバーセキュリティ、AI、IoT、フィンテック、ヘルスケア、AR/VR、ブレインテック、エンタメ、EdTechなど各回異なるテーマで様々なパートナー企業とともに12回開催、投資家、企業の新規事業担当者/R&D担当者、政府系機関などからのべ500名以上が参加。本年度はより事例にフォーカス、視察ツアーなどもあわせて行うことでさらなる連携実績を目指す。各種パートナー(スポンサー、会場、登壇、メディア)募集中。
Pitch Tokyo: http://pitch.tokyo/  


詳細を確認する

マーケットプレイス事業のための資金調達【投資家同席】

日時: 8/24(Thu) 19:30〜8/24(Thu) 21:00
定員: 30名
開催場所: 東京都渋谷区円山町28-1
開催会場: STARTUP Base Camp 渋谷道玄坂スカイビル8F【サイバーエージェント・ベンチャーズ】


マーケットプレイス事業のための資金調達【投資家同席】

ベンチャー企業のための資金調達セミナーのお知らせです。

【主催】
株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ

カウンティア株式会社

【定員】
30名

【料金】無料

課題

  • 成長を加速させるための資金調達は?
  • C2C事業が気をつけるべきことは?
  • 調達したはずなのに、お金が足りないのはなぜ?
  • 次の調達に向けて準備することは?
  • 良い投資家とはどんな投資家ですか?
  • DEBTとEQUITYは、どんな比率で組み合わせたら最適ですか?
  • より多額のEQUITY調達を実現するためのテクニックは?
  • 融資金額を多く引っ張る方法は?
  • EQUITY調達時のバリュエーションはどのように決まるのですか?
  • EQUITYラウンドの一般的なバリュエーション相場は?
  • EQUITYラウンドの一般的な資金調達額は?
  • 資金調達することでどんなリスクが発生するのかを知りたい。

タイムテーブル

時間 内容 発表者
19:00 – 19:30 開場 / 受付
19:30 – 19:35 あいさつ / 諸注意 田原 彩香(タレント)
20:35 – 20:55 セミナー「マーケットプレイス事業のための資金調達」 姥貝 賢次(公認会計士)
20:55 – 20:30 「資金調達・一問一答」
資金調達に関わる疑問にお答えします。
※疑問・質問を事前アンケートでお答え下さい。
北尾 崇(投資家)
姥貝 賢次(公認会計士)
20:30 – 21:00 個別相談会申込 & 懇親会

主催

登壇者

北尾 崇(投資家・サイバーエージェント・ベンチャーズ)

2013年 中南米メキシコにて、ENVROY MENIKAを創業し、代表取締役に就任。約3年間Clean Technology関連プロダクトの輸出・販売事業と、日本企業のメキシコ進出支援事業を手掛ける。2016年1月現場を離れ日本に帰国後、同年4月サイバーエージェント・ベンチャーズに入社。
大阪大学 経済学部卒。

姥貝 賢次(公認会計士)

大学時代にフリーランスのエンジニアとしてWebサービスの開発を始める。卒業後も個人事業活動を続けたが、一人孤独に開発をする日々に寂しさを感じ、スーツ着用のビジネスマンを目指す。しかし当時の既卒フリーランスには一般企業への就職が困難で、イチかバチかで公認会計士を目指す。


2008年 公認会計士試験合格し、監査法人トーマツへ就職。監査やIPO支援に従事する。


2014年 独立開業し、ベンチャー企業向け財務・資金調達の顧問業を始める。



公認会計士 / 公認不正検査士 / 早稲田大学大学院修士課程修了
経営革新等支援機関(関東財務局 関東経済産業局) /

ディップ㈱ AI.Accelerator アドバイザー

田原 彩香(司会・タレント)

キャリアとビジネスに詳しいタレントとして活動中。
テレビ番組やイベントのMC、レポーター、ゲスト出演の他、オンライン動画配信サービス「Schoo」の授業パーソナリティを務める。


詳細を確認する

女性起業家のリアル・ストーリー ~好きなこと、できることのその先。「自分にならできること」でビジネスを~

日時: 8/10(Thu) 18:30〜8/10(Thu) 20:30
定員: 80名
開催場所: 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
開催会場: 日本オラクル株式会社 青山オフィス セミナールーム


女性起業家のリアル・ストーリー

~好きなこと、できることのその先。「自分にならできること」でビジネスを~

下着と個々の身体の魅力を伝えるためのサロンを運営。
正しいフィッティングにこだわったブラジャーと、女性がたとえ乳がん手術をしても、臆することなく人生を過ごしていくためのシリコン乳房(パッド)を開発。ファッションと下着のプロとして「自分にならできること」、ベンチャーとして「個に向き合うこと」を信条とし、各種ビジネスコンテストで受賞歴もある女性起業家をスピーカーに迎え、起業のリアルを聞き、現状のビジネス課題への解決策を参加者も一緒に考えます。

Speaker/Corporate Profile

西沢桂子 プロフィール

  • 株式会社BRALABO(ブララボ)代表取締役 西沢桂子(ニシザワケイコ)

1963年生まれ。23歳よりフリーランスファッションスタイリスト、編集ライターとしてキャリアを重ねる。42歳の時に、通販会社にハンティングされ下着カタログ制作課の課長、編集ディレクターとして就任。ファッションと下着の関係を研究することがライフワークとなり、そのアウトプットをしていくために会社を設立。バンタンデザイン研究所にてランジェリーデザイン科講師として研究内容を授業として伝承。ファッション雑誌にて下着選びの指南役やスタイリストとして情報提供。また「着映える」ことを開発軸にオリジナルブラジャーの開発販売。通販メーカへの企画監修も行う。また2016年からは、これらのキャリアと自身の乳ガン体験を生かして、「手術をしない乳房再建」を開発。目下このまだ誰も知らないイノベーティブなサービスの、周知活動に奮闘中。

  • 略歴
    - 20代 ファッション雑誌の編集兼スタイリスト
    - 30代 全国100店舗のエステ化粧品事業会社の宣伝、販促媒体物ディレクター
    - 40代 通販会社 インナー制作課長として入社。カタログ制作 商品開発/下着小売会社 販促, 商品開発
    - 50歳 会社設立 代表取締役就任
    西沢式フィッティングブラジャーを開発 意匠権を取得
株式会社BRALABO沿革
2013.9 会社設立
2014.3 パターンに意匠権の取得
品川区主催ビジネスコンテストにて優秀賞、立正大学経営学部賞を受賞
2015.3 青山サロン開設
オリジナルブラジャー&ショーツ本格販売開始
2016.1 バストメイク型シリコンパッド開発し「手術をしない乳房再建」のサービスを開始
2017.6 起業女性チャレンジ制度ビジネスプランコンテストにて特別優秀賞受賞

タイムテーブル

Hour Agenda
18:30 – 18:45 開場/受付
18:45 – 19:30 ブララボ 西沢様プレゼンテーション
19:30 – 19:50 Open Conversation(会場Q&A)
19:50 – 20:20 ブララボ経営課題 グループ・ディスカッション
20:20 – 20:30 Closing

場所

日本オラクル株式会社 青山オフィス 13階 セミナールーム
住所: 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

主催/協力

  • 主催:日本オラクル株式会社
  • 協力:Startup Hub Tokyo / 日本オラクル元気プロジェクト

テーマ

  • 女性起業家
  • スタートアップ
  • ブランディング
  • ソーシャル・ベンチャー

Startup Hub Tokyoとは

東京都が運営する、丸の内にある創業支援施設です。メンバー登録を行うと、コワーキングスペースや起業相談窓口などを無料で利用することができます。なお、メンバー登録は無料で行なえます。
Startup Hub Tokyo公式サイト


詳細を確認する

ソーシャル・スタートアップとして起業する ~ソーシャル・スタートアップ2社に聞く、これからの日本人としての生き方~

日時: 7/26(Wed) 18:30〜7/26(Wed) 20:00
定員: 150名
開催場所: 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
開催会場: Oracle Aoyama Center 22階 カフェスペース ※日本オラクル株式会社 ビル内


ソーシャル・スタートアップとして起業する

~ソーシャル・スタートアップ2社に聞く、これからの日本人としての生き方~

今話題のソーシャル・スタートアップとはどういう企業なのか。「儲ける」ことではなく、「社会課題を解く」に目を向け日本を、世界を変えていくという挑戦をしている2つの会社の代表が、創業までの思いと、社会課題解決への熱い思いを語ります。

Speaker/Corporate Profile

講演者1

  • 出演
    • 山田敏夫 (ライフスタイルアクセント株式会社 代表取締役 工場直結ファッションうブランド『ファクトリエ』代表)
      1982年生まれ。熊本県熊本市出身。創業100年の老舗婦人服店の息子として育つ。
      大学在学中、フランスへ留学しグッチ・パリ店で勤務し、一流のものづくり、商品へのこだわり・プロ意識を学ぶ。2012年1月、工場直結ジャパンブランド「ファクトリエ」を展開するライフスタイルアクセント株式会社を設立。年間訪れるものづくりの現場は、100を超える。
  • 『ファクトリエ』について
    • メイドインジャパンの工場直結ファッションブランドとして、ものづくりとお客様に真摯に向かい合い、工場には適切な利益を、お客様には従来よりも手の届く適正な価格で商品を作り商品を提供している。工場のための服作りを展開
      - 国内の約3050ものを超す高い独自技術をもつ工場と提携し、工場とともに高オリジナルブランド品質なこだわりの商品を開発している
      – ソーシャル・ベンチャーとしての注目度も高く、数多くのTV、メディアに取り上げられるほか、現在はChivas Legal主催の国際的なソーシャル・ベンチャー・コンペティションである「THEThe VENTURE」の世界大会entureに、日本代表としてとして選出されている。

講演者2

  • 井上 憲(George & Shaun, LLC 代表 / 日本オラクル株式会社 マネジャー)
    1980年生まれ。2006年に日本オラクルに新卒入社後、現在までIoT製品/クラウド製品の事業開発を歴任。一方で自身の家族の迷子をきっかけに2016年3月に東京工業大学院時代の学友と、ジョージ・アンド・ショーン合同会社を兼業事業として設立。見守りを目的としたIoT製品である『biblle(ビブル)』の展開のほか、各地方自治体との見守りプロジェクト実施のために、国内外含めて奔走している。
  • 『見守りサービス biblle(ビブル)』について
  • 概要
    • - スマホアプリとbiblleタグを利用してタグの位置情報を確認できる見守りサービス
      – 「少しだけ優しい世界を創ろう。」をテーマにお互いで持ちあうことで、見守りが機能するためのソーシャル捜索の機能を提供
      - タグ商品のデザインは『持ちたくなる商品』であることを目的に、ナノ・ユニバースなど各種ファッションブランドと連携することでデザイン性の高い商品提供をしている
      – また、東京都三鷹市をはじめ、現在も国内外の複数の自治体と見守りプロジェクトを展開
      – 見守りプロジェクトは三菱重工業、日本たばこ、など複数の企業後援を受けながら実施
      – 直近では見守りインフラの開発を、西日本電信電話株式会社との共同開発を展開している

    タイムテーブル

    Hour Session Speakers
    18:00 – 18:30 会場/受付
    18:30 – 19:05 Factelier(ファクトリエ) 代表 山田敏夫
    19:05 – 19:25 日本オラクル マネジャー/ジョージ・アンド・ショーン 代表 井上憲
    19:25 – 19:45 Open Conversation(会場Q&A)
    19:45 – 20:00 Made in Japan体験会

    場所

    Oracle Aoyama Center 22階 カフェスペース ※日本オラクル株式会社ビル内
    住所: 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

    主催/協力

    • 主催:日本オラクル株式会社
    • 協力:Startup Hub Tokyo / 日本オラクル元気プロジェクト

    テーマ

    • 働き方改革
    • 地方創生
    • ソーシャル・スタートアップ
    • ソーシャル・ベンチャー

    Startup Hub Tokyoとは

    東京都が運営する、丸の内にある創業支援施設です。メンバー登録を行うと、コワーキングスペースや起業相談窓口などを無料で利用することができます。なお、メンバー登録は無料で行なえます。
    Startup Hub Tokyo公式サイト


    詳細を確認する

  • ソーシャル・スタートアップとして起業する ~ソーシャル・スタートアップ2社に聞く、これからの日本人としての生き方~

    日時: 7/26(Wed) 18:30〜7/26(Wed) 20:00
    定員: 150名
    開催場所: 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
    開催会場: Oracle Aoyama Center 22階 カフェスペース ※日本オラクル株式会社 ビル内


    ソーシャル・スタートアップとして起業する

    ~ソーシャル・スタートアップ2社に聞く、これからの日本人としての生き方~

    今話題のソーシャル・スタートアップとはどういう企業なのか。「儲ける」ことではなく、「社会課題を解く」に目を向け日本を、世界を変えていくという挑戦をしている2つの会社の代表が、創業までの思いと、社会課題解決への熱い思いを語ります。

    Speaker/Corporate Profile

    講演者1

    • 出演
      • 山田敏夫 (ライフスタイルアクセント株式会社 代表取締役 工場直結ファッションうブランド『ファクトリエ』代表)
        1982年生まれ。熊本県熊本市出身。創業100年の老舗婦人服店の息子として育つ。
        大学在学中、フランスへ留学しグッチ・パリ店で勤務し、一流のものづくり、商品へのこだわり・プロ意識を学ぶ。2012年1月、工場直結ジャパンブランド「ファクトリエ」を展開するライフスタイルアクセント株式会社を設立。年間訪れるものづくりの現場は、100を超える。
    • 『ファクトリエ』について
      • メイドインジャパンの工場直結ファッションブランドとして、ものづくりとお客様に真摯に向かい合い、工場には適切な利益を、お客様には従来よりも手の届く適正な価格で商品を作り商品を提供している。工場のための服作りを展開
        - 国内の約3050ものを超す高い独自技術をもつ工場と提携し、工場とともに高オリジナルブランド品質なこだわりの商品を開発している
        – ソーシャル・ベンチャーとしての注目度も高く、数多くのTV、メディアに取り上げられるほか、現在はChivas Legal主催の国際的なソーシャル・ベンチャー・コンペティションである「THEThe VENTURE」の世界大会entureに、日本代表としてとして選出されている。

    講演者2

    • 井上 憲(George & Shaun, LLC 代表 / 日本オラクル株式会社 マネジャー)
      1980年生まれ。2006年に日本オラクルに新卒入社後、現在までIoT製品/クラウド製品の事業開発を歴任。一方で自身の家族の迷子をきっかけに2016年3月に東京工業大学院時代の学友と、ジョージ・アンド・ショーン合同会社を兼業事業として設立。見守りを目的としたIoT製品である『biblle(ビブル)』の展開のほか、各地方自治体との見守りプロジェクト実施のために、国内外含めて奔走している。
    • 『見守りサービス biblle(ビブル)』について
  • 概要
    • - スマホアプリとbiblleタグを利用してタグの位置情報を確認できる見守りサービス
      – 「少しだけ優しい世界を創ろう。」をテーマにお互いで持ちあうことで、見守りが機能するためのソーシャル捜索の機能を提供
      - タグ商品のデザインは『持ちたくなる商品』であることを目的に、ナノ・ユニバースなど各種ファッションブランドと連携することでデザイン性の高い商品提供をしている
      – また、東京都三鷹市をはじめ、現在も国内外の複数の自治体と見守りプロジェクトを展開
      – 見守りプロジェクトは三菱重工業、日本たばこ、など複数の企業後援を受けながら実施
      – 直近では見守りインフラの開発を、西日本電信電話株式会社との共同開発を展開している

    タイムテーブル

    Hour Session Speakers
    18:00 – 18:30 会場/受付
    18:30 – 19:05 Factelier(ファクトリエ) 代表 山田敏夫
    19:05 – 19:25 日本オラクル マネジャー/ジョージ・アンド・ショーン 代表 井上憲
    19:25 – 19:45 Open Conversation(会場Q&A)
    19:45 – 20:00 Made in Japan体験会

    場所

    Oracle Aoyama Center 22階 カフェスペース ※日本オラクル株式会社ビル内
    住所: 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

    主催/協力

    • 主催:日本オラクル株式会社
    • 協力:Startup Hub Tokyo / 日本オラクル元気プロジェクト

    テーマ

    • 働き方改革
    • 地方創生
    • ソーシャル・スタートアップ
    • ソーシャル・ベンチャー

    Startup Hub Tokyoとは

    東京都が運営する、丸の内にある創業支援施設です。メンバー登録を行うと、コワーキングスペースや起業相談窓口などを無料で利用することができます。なお、メンバー登録は無料で行なえます。
    Startup Hub Tokyo公式サイト


    詳細を確認する

  • Laptop Accu ASUS N55S 5200mAh Prijs

    日時: 7/20(Thu) 12:00〜7/21(Fri) 3:30
    定員: 名
    開催場所:
    開催会場:


    De Accu Asus n551jk legt Flip is een zeer slank en lichtgewicht apparaat dat krachtige onderdelen en functies waarmee u gemakkelijker een uitstekende keuze voor de weg krijgers en desk jockeys gelijk heeft.

    Veelzijdigheid en flexibiliteit is deze dagen de sleutel met apparaten en de klep legt bereikt dit in stijl. Het heeft een unieke 360-graden-scharnier, waarmee u de C302CA gebruiken in elke positie die u kiest. De fundamentele standpunten zijn laptop, tablet, stand en tent modes.

    Het display is een briljante 12,5-inch (16:9) wide-viewing angle 1920 × 1080 FHD beeldscherm dat biedt goede bekijken voor zelfs wanneer uw scherm inhoud met anderen te delen. Er is een ook een lichtsensor die automatisch de helderheid van het omgevingslicht wordt aangepast.

    U kunt communiceren met legt de display dankzij haar 10 punten multi-touch-functie die beschikbaar is in welke kijkpositie die u kiest. Deze handige toebehoren maakt voor een display dat is nauwkeuriger en reageren dan reguliere touchscreens.

    Accu Asus a32-n55 wordt geleverd met tot 6e generatie Intel Core m3 processors en ondersteunt maximaal 4GB DRAM. Krijg je 64GB van Schicht opslag in entrepot en Chrome OS. Deze combinatie zorgt voor ultrabook-achtige snelheid met programma’s en instant 3.5 tweede opstarten wanneer nodig en afsluiten wanneer u klaar bent.

    De ASUS C302 heeft de meest geavanceerde en flexibele poort beschikbaar, de USB 3.1 Type-C. De USB 3.1 Type-C poort heeft alles wat die u nodig hebt all-in-een verbindingstype. Gebruiken voor het laden van de C302, hebben snelle overdracht van de gegevens van de USB-3 te geven u gemoedsrust die de C302 zullen toekomstig-bewijs voor de komende jaren. Het heeft omkeerbare plug oriëntatie en kabel richting geven u de mogelijkheid om uw favoriete apparaten aansluiten. De C302 heeft ook een Micro SD-kaartsleuf en een standaard audio-aansluiting.

    Levensduur van de batterij kan afhangen van uw stijl van gebruik, maar in het algemeen kunt u tot 10 uren van macht op één enkele last.

    Deze handtekening uitgave 2-in-1 van ASUS is het spul dat het een goede keuze voor het uiterst mobiele individu maakt.

    De Accu Asus n55s Signature Edition 2 in 1 PC functies speciale prijzen dat maakt het ideaal voor studenten en faculteit of personeelsleden aan universiteiten en college. Niet in college meer, geen probleem omdat de Mini hebben een relatief lage prijs voor apparaten in deze klasse.

    Transformator Mini geeft je zowel een tablet en laptop in één apparaat. Het is ultra-dunne en zeer licht, waardoor het zeer draagbaar voor studenten en particulieren altijd onderweg. De tablet wordt geleverd met een toetsenbord en een pen om toe te voegen een niveau van productiviteit aan het apparaat.

    Er is een ingebouwde stand op de achterkant van de mini waarmee een 170° groothoek slim scharnier beweging. Met deze functie kan de Mini staan rechtop, plat of tussendoor.

    Dit apparaat rans venster 10 voor het beste Windows ervaring tot nu toe. Geniet van snelle startups en gemakkelijk ontgrendelt en logins met Instant ID scanning. Windows Hello kunt u aanmelden met slechts de aanraking van uw vinger. Gesigneerde uitvoering in de naam betekent dat deze PC geen junkware of trialware van 3e partij heeft. Het omvat een wereldklasse beveiligingssoftware voor extra bescherming.

    Binnen shell draait de Mini een Intel Atom-processor, 4GB RAM en een snelle eMMC schijf zodat u Accu Asus g75vw vlotte en snelle computing ideaal voor multitasking.

    De levensduur van de batterij van de transformator Mini is goed genoeg voor het aandrijven van deze kleine performer hele dag lang. De Mini 2-cell polymeerbatterij biedt tot 11 uren van werking op een enkele lading.

     Asus A41-X550A Accu

    Als u hebben gekocht in de volledige onderdompeling geboden door gebogen schermen, dan is deze ultra-brede QHD gebogen gaming monitor alleen de voor u.

    ASUS legt een enorme verklaring af met deze nieuwe ROG Swift PG348Q Gaming Monitor. Als je serieus over uw gaming bent en een goed stukje van extra contant geld hebt, dan kunt u neem een goede blik bij deze schoonheid.

    Deze monitor is een maar liefst 34" in grootte met een 21:9-beeldverhouding voor panoramisch bekijken. Het kenmerkt NVIDIA G-SYNC-technologie waarmee gladde, naadloze gameplay met een vernieuwingsfrequentie van 100Hz voor snellere responstijden. Het heeft zelfs een Turbo Key waarmee je de refresh rate van 60Hz tot 100Hz rechts in het midden van een spel in-/ uitschakelen. Dit geeft uw overklokken bij de aanraking van een knop zonder om het grafische Configuratiescherm te openen.

    http://stairlift-forum.co.uk/blogs/kopenaccu/14707-laptop-accu-voor-asus-a32-n55
    http://backtodisco.net/kopenaccu/blog/2072/accu-voor-asus-n551jk-laptop


    詳細を確認する

    [勉強会] AIエンジニアのいない会社が、AIをビジネスに活用する方法を学ぶ by DataStrategy Inc.

    日時: 7/8(Sat) 16:00〜7/8(Sat) 17:30
    定員: 30名
    開催場所: 東京都港区芝浦1-13-10
    開催会場: QUANTUM Inc. 9F オフィス内会議室 9F


    今回、DataStrategy社による勉強会第二弾を開催します。登壇は以下のメンバーになります。

    株式会社グルーヴノーツ エバンジェリスト 佐藤 学 (Manabu Sato)
    \QUANTUM Inc.執行役員(兼)CSO \QUANTUM GLOBAL Inc. CEO 井上裕太 Yuta Inoue
    DataStrategy株式会社 代表取締役CEO 武田 元彦 (Motohiko Takeda)
    DataStrategy株式会社 取締役 Director of Marketing 竹中 野歩 (Nobu Takenaka)

    社会の様々な課題を解決するソーシャルビジネスの展開にあたり、AI,IoTといった技術を活用した課題解決を考えるのは、非常にコストがかかったり、難しいと思っていませんか。

    高騰しているAIエンジニアを抱える以外にも、既にあるソリューションや外部の技術パートナーと繋がる事で、誰でも出来る技術活用で課題解決に取り組むことが可能です。

    本セミナーは、技術を元に課題解決に取り組む事例や、最先端のマーケティング・事業開発手法を話し合い、どうすれば次の一手を進められるかを各自持ち帰る「勉強会」です。

    ※参加申し込みはお手数かけますが専用フォームまでお願いします。
     http://ptix.co/2tvOh04


    2016年のAI活用投資額は、過去最高額を突破し、今後もますます増加していくと言われています。今までは大手企業を中心とした取り組みでしたが、AI,IoT活用は、プロダクトのオープン化、サービスの低コスト化、複業やリモートワークなどの働き方の自由化による人材の流動化で、小さな地域や企業でも世界の最先端の技術を活用して、課題解決に取り組むことが可能です。

    本勉強会では、AI,IoTの技術活用を検討されている方向けに、どのような手順で技術活用を考えていけば良いか、どのような社内体制を引いていけば良いかなど、具体的な事例や、現在企業で検討されている事例をご紹介し、議論します。

    【こんなことが学べます】
    ・AI,IoT技術のトレンドが学べます
    ・具体的な方法が、事例を通じて学べます。
    ・技術の取り組みに対して�必要な取り組みを学べます。

    【こんな方におすすめ】
    ・企業経営者
    ・事業開発担当者
    ・マーケティング戦略の立案・推進のご担当者

    【セミナー概要】
    費用: 1000円
    主催: Data Strategy株式会社
    会場: 東京都港区芝浦1-13-10 9F (QUANTUM Inc. オフィス内会議室)
    JR・都営三田線 田町駅 徒歩7分程度

    *当日は、受付にてお名刺2枚のご準備をお願いいたします
    *参加申し込みはお手数かけますが専用フォームまでお願いします。
     http://ptix.co/2tvOh04

    【プログラム】
    1. AIの民主化 – 誰もが使える機械学習サービス MAGELLAN BLOCKS について
    講師: 株式会社グルーヴノーツ エバンジェリスト 佐藤学氏

    2. AIを新規事業開発におけるパワフルなサポーターにする
    講師: \QUANTUM Inc.執行役員(兼)CSO \QUANTUM GLOBAL Inc. CEO 井上裕太氏

    3. 企業がAI活用を進める具体的な方法について
    講師: DataStrategy株式会社 代表取締役CEO 武田元彦氏

    4. 登壇者によるパネルディスカッション・Q&Aセッション
    モデレーター: DataStrategy株式会社 取締役 Director of Marketing 竹中野歩氏

    【登壇者プロフィール】
    佐藤学氏
    金融の決済系エンジニアから、2006年にサイボウズに転職し、2010年まで三代目開発部長。その後、プロダクトマネージャー、マーケティングに転向。産業技術大学院大学と千葉大学で非常勤講師、アンバサダー・コミュニティマーケティングを担当し、kintone Cafe を全国規模(海外も含め34支部)に成長させた。2013年にサイボウズの独立支援制度を使い、プロダクトマーケティングを支援するアクセラス株式会社を起業。視覚障害者がウェアラブルカメラで見ている映像をAIとオペーレータが音声でガイドする(特許取得済)サービスを自社で開発中。2017年4月にサイボウズを退職し、複業にてアクセラスの経営者と株式会社グルーヴノーツにてエバンジェリストを兼務。

    井上裕太氏
    \QUANTUM Inc.執行役員(兼)CSO \QUANTUM GLOBAL Inc. CEOマッキンゼーで経営コンサルタントとして日米欧のプロジェクトに従事後、被災した若者の教育支援を行う財団法人の設立・事業統括を経て独立。フリーランスとして複数の企業の経営及び新事業創出を支援。あるメガベンチャーは支援後、経営改革と新事業により時価総額数十倍とV字回復を達成した。『WIRED』日本版の北米特派員も兼務し、Y Combinator等を取材。また文部科学省初の官民協働プロジェクトであるトビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムを共同発案し、プロジェクト・オフィサーを務めた。その後QUANTUMの設立に参画。大企業及びスタートアップとの共同事業開発、コーポレート・アクセラレーターの企画運営を統括するStartup Studio事業責任者を経て、現職。プライベートでは奥さんのバリ家具ブランド"Kras"のChief Otto Officerとして家業を営むとともに、十年来の友人が率いるR&D支援の人工知能スタートアップ"MISO"の日本展開を担う。スイス・St.Gallen SymposiumによりKnowledge Poolに選出。デジタルハリウッド大学サイバーファイナンスラボ・アドバイザー。

    武田元彦氏
    東京大学大学院修了(経済学修士)。株式会社三菱総合研究所、ベンチャー企業、フリーランスを経て現職。これまでに、携帯キャリア大手・商業銀行・技術系ベンチャー企業などでのデータ解析支援、技術コンサルティング、マーケティング戦略策定支援を経験。機械学習・人工知能モデルの開発、サービスプロトタイプの開発などにも従事。エクストリームデザイン株式会社Chief Data Officer、兵庫県豊岡市地方創生推進アドバイザー。

    竹中野歩氏
    慶應義塾大学環境情報学部卒。Procter & Gamble (日本・シンガポール) Brand Manager, QUANTUM Inc. Marketing Directorを経て現職。一貫して10年間マーケティングを担当。日本・シンガポール・シリコンバレーを拠点に、ToCおよびToB、洗濯洗剤からIoT platformまで、北米・日本・ASEAN、新規事業・新商品からブランディング・営業戦略・広告・プロモーションまでのGrowthを担当。Heart Catch 2015マーケティングメンター。

    *注意事項
    ・プログラム内容、スケジュール、講演者はやむをえない事情で予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
    ・講演者ならびに参加者に対するセールス活動はご遠慮ください。セールス活動があった場合、以降の弊社セミナーではご参加をお断りいたします。
    ・本セミナーはビジネスセミナーのため、学生の方のご参加はご遠慮いただいております。
    ・参加申し込みはお手数かけますが専用フォームまでお願いします。
     http://ptix.co/2tvOh04


    詳細を確認する